【朗報】日本人が知らない『VR(ヴァーチャルリアリティ)』を教えます。

投稿者: remanbe

remanbe(リマンベ)は、デジタル時代の地方創生のモデルをつくりあげる、北海道長万部(おしゃまんべ)町のローカルメディアです。


こんにちは、こまんべ(@komanbe)です。

近年、様々な記事で注目されてる、VR事業。頭につけるヘッドマウントディスプレイOculusLiftやPSVRなどが話題に上がっています。
最近では、約650億円を調達したVR/ARスタートアップMagic Leapが注目されていますね。

【極秘スタートアップMagic Leapとはどんな会社なのか?】

極秘スタートアップMagic Leapとはどんな会社なのか?

記事にあるとおり、事業については全く謎にもかかわらず。
VCや投資家、起業家などの意識高い系の人々は、
『これからの時代はVRでしょ!』 『VRは未来のインターネットの姿だ!』などなど、盛り上がっていますが、結局のところVRって言葉自体がなんのなのかがフワッとしかわからないし、界隈の人たちは、誰も詳しくは説明してくれません。

映画、攻殻機動隊やマトリックスを見た方には何となくこんな感じなんじゃないか?ぐらいのイメージは持っているのではないでしょうか。

でも今更VRって具体的になんなのかを聞くのも恥ずかしい…そういう方のためにVRについて説明していきます。

 

1.VR(ヴァーチャルリアリティ)とは何なのか?

バーチャル・リアリティ
この言葉は誰でもわかるとおり、リアリティ(現実)とバーチャル(仮想)というそれぞれ正反対の言葉が結合しているおもしろい単語です。元々の語源は、1989年にアイフォン(Appleの商品じゃないよ。)と名付られたHMDとデータグローブを発売して,VRブームを巻き起こしたと言われているVPL社の創業者J.Laniarたちが使ったのが始まりです。

バーチャルリアリティの意味は、
『実際には存在しないが、本質において存在していると同等な事実や実際の出来事』ということです。
ようするに脳が、そこなにかモノや環境を感じれば、その感覚こそがバーチャルリアリティということです。映画のマトリックスやアバター、インセプションなどの世界観がイメージしやすいかもしれないですね。VRのリアリティの意味は現実ではなく、現実感。まさに感覚のことを指しています。

しかし、日本ではVR(ヴァーチャルリアリティ)という言葉が少し誤訳されているらしいです。

IBMのエンジニアは、virtualを仮想と訳してしまったことを今も後悔していると聞く。

ある単語の日本語訳は通常、とてつもないパワーを発揮するが、このように誤訳されて入ってくると、そのパワーをあらぬ方向に発揮されてしまう。

・・・という話を、大学のVRの授業ではとにかく最初の最初にされるのだ。今もそういう教え方をしてるかは知らないけど。

「とにかくこの授業を受けたからにはVRを二度と仮想現実感などと呼んではいけない」と言われたので、従順な受講生であった僕は、おとなしく先生の指導に従うことにする。

引用 : http://d.hatena.ne.jp/shi3z/20160223/1456181293

上記にある通り日本でのVRの意味は誤訳されて浸透しています。そもそも、バーチャル(virtual image)とは虚像という意味で通ってしまっているのも原因の一つらしいです。

この日本で定着している『虚像(virtual image)』は本来英語圏では違う意味を指しています。本来の欧米の指している意味は、前述の通り『実際には存在しないが、本質において存在していると同等な事実や実際の出来事』という意味です。

辞書でみてみるとバーチャル(虚像)とは、
1.平面鏡や凹レンズなどで発散した光を逆向きにたどって見える物の像。
2.真実を伝えてはいない人物像など。
という意味を指します。

ようするに、普通のリアルイメージとは違い、なにかそこに物質があるわけでもなく光や陰があるわけではないが、しかし効果としてはリアルイメージと同じ意味を指している。ようするに虚(幻とか勘違いとか)ではないのですね。

※ちなみに前述のとおり、VRのリアリティは現実と訳すことは誤訳です。現実感と訳すのが正しいです。

詳しく知りたい方は、『バーチャルリアリティ学』という本が参考になります。

2.日本では、エンターテイメント領域ばかり注目されている。

前項のとおり、VRは現実と同じ感覚のことを指しています。なので、VRかどうかは感じた人にしかわからないという伝わりにくい難点があります。

そんな中、日本のVR市場では、もっともニーズが高いエンタメ市場に注目しています。攻殻機動隊などのエンタメ情報を楽しんでだりと、バーチャルリアリティを使っている人を見ると、なんだか楽しそうですよね?しかし、ヘッドマウントディスプレイはもちろんVRの言葉すら知らない人にとっては、楽しさが伝わりにくい難点があります。

そもそも、この画像をみてもらってもわかると思いますが、かぶっている姿があまりかっこ良く見えないし、髪が乱れるので若い人からは人気が出ない可能性が大きいです。グーグルグラスのようなメガネ型デバイスがでたりと、技術が進化して、スタイリッシュな見た目のデバイスが開発されて、かっこよさについても解決されることに期待です。VR脱オタ。

VRコンテンツが少ない問題もありますが、簡単に作れるunityのようなエディタも増えていくので、VR開発工数は今後も下がっていきます。VRコンテンツは今のメディアコンテンツやAppleStoreのアプリのように増えていくでしょう。コンテンツが増えていくと、エンターテイメントコンテンツのリッチ化が進んでいき、大手の参入が増えていきます。数年後、5Gが商用化されるあたりで盛り上がるのではないでしょうか。

ではエンタメではない領域で、VR市場が今解決できる課題はなにか? 

エンターテイメントコンテンツとは別にVRしかできないことではないですし、なくても困りません。もちろんエロやゲーム市場で流行るかもしれませんが、それだけではたしてよいのでしょうか。そんなことはコンテンツを持っている任天堂やコロプラなどの業者に任せておけばいいのです。物珍しいからといって、いま注目されているから!って挑戦する領域でもない気がします。好きならいいけどね。

では、VRでしか出来ないことや必要とされる未来ある市場とは、どこにあるんでしょうか。

参考記事1.「VRでアルツハイマー病を予測する」研究結果が発表されるhttp://wired.jp/2015/10/26/alzheimers-virtual-reality/
参考記事2.「まるでマトリックス?脳刺激を使って、瞬間学習する方法が開発された」http://www.huffingtonpost.jp/techcrunch-japan/neurostimulation_b_9363368.html

日本では知られていないVRの真の意味でもある『現実感』。人間の脳に対するアプローチは、VRにしかできないことです。VRは、現実を感じる感覚により、様々な脳への実証実験を行うことができるのです。アカデミックな視点では、VRの活用した脳への神経活動に対するアプローチがもっとも可能性があり、VRにしかできないことだと活発に研究が行われています。これは視覚だけではなく、力触覚を含めた五感に対する研究です。今後は、医療分野へのアプローチや、リハビリ、学習や教育にも使えそうです。

VRをよりよく知るためには、脳が”現実を感じる感覚”と判断する要因は何なのかを知ることが必要です。VR技術の進化には、間違いなく脳の解明が必要なのです。また、日本では少子高齢化も進んでいく先進国なので、アルツハイマーなどの脳への病へのアプローチは、ニーズが高いです。VRはあくまてツール。エンタメばかり注目されている中で、真のVRの活用の仕方をもう一度考えてみてはどうでしょう。

※※もちろんエンターテイメントコンテンツは筆者も大好きなので、頑張って欲しいです。ちなみに筆者はソニー信者なので、PSVRのサマーレッスン(https://www.youtube.com/watch?v=hj9CMbyJ6q0)に期待しています。

おまけ : 最期に、、、

実は長万部は、VRと非常に相性がよい町ではないか。

ITを含めた総合的な理科系研究機関でもある東京理科大学のキャンパスがあり、高齢化も進んでいる町、かつ魅力的なコンテンツまんべくんを有する、長万部の町。

まさに長万部は、VRを研究するに相応しい地域だと思っています。東京理科大学は、VRの研究をしているとこもありますし、興味がある方は門を叩いてみては? まんべくんをVRコンテンツとして使うのも面白そうです。

ようこそ
ようこそ